20代で薄毛になった!?

20代で薄毛になる原因は大きく分けると3つあります

  1. AGA
  2. 円形脱毛症
  3. ストレスや生活習慣

 

AGAとは男性ホルモンDHTが原因で起きる薄毛です。
男性の薄毛はほとんどの場合AGAが原因で、自分で見分けるとしたら、M字、O字、U字型のハゲかたをしている場合、AGA(DHT原因)の可能性が高いです。

 

円形脱毛症は自分で見分けがつくと思いますが、ストレスや生活習慣で薄毛になるのは、AGAとは別の現象と思われがちです。
しかし、実は最終的にはAGAと同じくDHTの増加が原因の薄毛と言われています。

 

AGAを治すにはAGAクリニックがベストだけど・・・

ストレスもAGAも、原因は同じDHT増加ですから、円形脱毛症以外の場合はAGAクリニックに行くのが良いです。

 

ただし!・・・

 

AGAクリニックならどこでも良いわけではなく、慎重に選んだ方が良いです。

 

なぜかというと、若い人はこのように薬が逆効果になるパターンがあるから、ただ薬を出すだけの病院は怖いです。

 

だから、20代の薄毛治療で一番気をつけるべきなのは処方の幅広さです。

 

このサイトでは20代の薄毛に大事な幅広い処方を用意したクリニックを厳選しランキング化したので、この中からなら失敗しないクリニックが見つかります。

 

20代におすすめのAGAクリニック比較2016

 

ヘアジニアスのおすすめポイント
  1. オーダーメイドの処方がある
  2. 4ヶ月以内に98%が実感
  3. 米国薬局方基準をクリアした薬だけを使用
処方の幅広さオーダーメイド
対応地域東京、大阪、名古屋、福岡、沖縄
評価評価5

 

ヘアメディカルのおすすめポイント
  1. 600種類の処方がある
  2. 1ヵ月の治療費が安い
  3. 医療ローンの取り扱いなし
処方の幅広さ600種類
対応地域東京、大阪、名古屋、福岡
評価評価4

 

AGAスキンクリニックのおすすめポイント
  1. 全国にある
  2. 4〜6か月で99.4%が実感
  3. オプションが豊富
処方の幅広さオプションが豊富
対応地域全国
評価評価3

 

 

 

 

20代でも薄毛が気になるという人は少なくありませんが、みなさんどういう対策をしているんでしょうか?

 

自宅でできるものから医療まで対策はいろいろありますが、ここに問題点があります。

 

それは、ある人がうまくいった方法が自分にも効くとは限らない点。
なぜかというと、薄毛の原因や境遇は人それぞれだからです。

  1. 遺伝:母方・父方それぞれの頭髪は?
  2. 生活:喫煙の有無、職場ストレス、夜型/朝方?
  3. 頭皮:固い/柔らかい、脂っぽい?
  4. 毛髪:固い/柔らかい、細い/太い?

など個人差があり、人により効果的な対策は違います。

 

そこで、本来ならAGAクリニックのカウンセリングに行くのが確実ですが、カンタンにできる自己診断もあります。

 

まずは、この自己診断をみてみましょう。
↓↓↓↓

 

 

20代で薄毛が気になってきた

僕はまだ20代の男ですが、すでに薄毛が気になりはじめています((+_+))

 

薄毛について調べてると、20代の薄毛は生活習慣が原因っていう解説もあるんで、ちょっと安心してたんですが、ついに見つけてしまいました。
20代でもAGAになるという情報です。。

 

そもそも、僕はそれほど生活習慣は悪くないです。タバコも吸わないし、徹夜もしない。

 

となると、もう原因はAGAに絞られるんですよね、認めたくないけど~_~;

 

AGAはれっきとした病気ですから、病院に行って治すのがいいと思います。
ただ、どこでも良いわけではなく、慎重に選んだ方が良いです。

 

特に若い人はこのように薬が逆効果になるパターンがあるから、ただ薬を出すだけの病院は怖いです。

 

そうならないために、患者にあわせて、処方をオーダーメイドしてくれるクリニックがあるというので、僕はここで無料カウンセリングを受けてみました。

 

 

20代がハゲ薬を飲む時に気をつけたい事

20代がハゲ薬を飲む時に気をつけたいのが、20代で病院の薬をテキト−に飲んでしまうと、逆に前髪が無くなったという体験談が多いことです。

 

僕は、2ちゃんのこのスレを見て、20代で毛生え薬を飲んで失敗した人をみてから病院選びを慎重に考えようと思いました。
フィナで前髪なくなったスレまとめ
薬で前髪が無くなる事ってあるんですね。。

 

スレの結論から言うと、薬である以上、オーダーメイドでもしない限り合わない危険性があるということです。
その上、とくに20代は男性ホルモンの関係で逆効果になる人が多いと。。

 

だから、最初は近所の皮膚科に行こうとしてたんですが、考え直して・・・クリニックを真剣に探すことにしました。

 

すると、なんとオーダーメイドで処方してくれるクリニックがあるというのです。
薬のオーダーメイドなんて富豪ぐらいしかできないだろうと思っていたので、驚きました。

 

無料ですから話だけでも聞いてみると、自分が薬を飲んで大丈夫かどうかわかって安心ですよ。

 

※オーダーメイド処方の無料カウンセリングはこちら

男が20代で薄毛になったら

20代でも薄毛が気になる男性は少なくありません。

 

特に大学を卒業してから、就職した後の環境では、いまの日本では男性にのしかかるストレスにかなりの高低差がありますから、状況に恵まれず過剰なストレスをうけて、若くして薄毛の症状が気になり始めるということも多いです。

 

また、ストレスはなくても、仕事に没頭し働きすぎ、睡眠不足が続くなどの生活習慣の乱れが原因で20代の薄毛が気になり始めるケースもあります。

 

しかし、薄毛といってもそのレベルにはかなりの幅があります。

 

10代の頃とくらべて

  1. 髪にコシがなくなった
  2. 髪が細くなった
  3. ボリュームが無くなった

という状態でも薄毛を気にする人もいます。
この状況なら、まださほど心配はないように思いますが・・

 

  1. 抜け毛が増えた
  2. 地肌が見えてきた
  3. 生え際が上がってきた
  4. おでこが広くなってきた

このような状況がおこりはじめたら、俗に言う「若はげ」の危険性があります。

 

「若はげ」というと、まるで別の症状のようですが、こうした男性ホルモンが原因のはげは、今で言うAGAのことです。
AGAは、進行する前に現状を知っておくことが大切です。
※AGAの無料カウンセリングはこちら

 

 

 

20代薄毛へのアドバイスが現実に即していない

20代の薄毛というと、少し軽く見られているんでしょうか、このようなアドバイスをするサイトを多く見かけます。

  1. 食事に気を使う
  2. ストレスをためない
  3. 喫煙をひかえる
  4. 睡眠時間を十分にとる

たしかに、生活習慣は大事なのですが、20代で過剰なストレスを受けている、過酷な労働条件にさらされている、人間関係でストレスを受けているなど、自分ひとりではどうしようもないことというのは多いです。

 

ですから、こうしたアドバイスというのは間違ってはいませんが、それができれば苦労はないというものが多い印象を受けます。。

 

喫煙なんかもそうですね。禁煙自体が難しいことは良く知られています。薄毛対策だ!まずは禁煙だ!って、、そんなカンタンに禁煙ができたら苦労はないんです。

 

では、どういう対策ができるのか、これは人によって何をするべきか違うので、自分で調べるよりも専門家に聞いてしまったほうが確実です。
※20代薄毛の無料カウンセリングはこちら

 

 

 

20代の薄毛と戦う現実的な方法

男性が受けるストレスや生活習慣ダメージの量には個人的な差がかなりあるとはいえ、20代にして薄毛が気になり始めるということは、遺伝的な要因で男性ホルモンの影響を受けやすい体質の可能性が高いです。

 

男性ホルモンの影響を受けやすいというのは、いわゆる悪玉男性ホルモン側の影響を受けやすいということです。

 

悪玉男性ホルモンとは、通常の男性ホルモン(テストステロン)が活性酵素5αリダクターゼと結びついて生まれるホルモン:ジヒドロテストステロン(DHT)のことをいいます。

 

 

このDHTは、男性が母体から産まれてくるまでの間には男性器を形成するために必要な重要なホルモンなのですが、大人になってからは

  1. 体毛が必要以上に濃くなる
  2. 前立腺肥大
  3. 薄毛・抜け毛
  4. ニキビ

などを引き起こすのみの存在になってしまうため、悪玉男性ホルモンと呼ばれているのです。

 

もともと前立腺肥大の治療薬ではこのDHTを抑制することで治療効果をあげているものがありました。
しかし、その治療の過程でDHTを抑制した結果、薄毛にも効果が出始めたことから、今では効果的な薄毛の薬として使われています。

 

それが、プロペシアです。

 

ですから、AGA治療院では、DHTを抑制するためにプロペシアが処方されます。

 

※AGA治療院の無料カウンセリングはこちら

 

20代でプロペシアを飲んではいけない理由とは?

でも、特に20代の場合、プロペシアを飲むのは気をつけたほうがいいです。

 

そもそも、プロペシアは未成年の服用が禁止されているぐらい、若い人が飲んだら危険な薬です。

 

プロペシアのメーカー:MSDの説明にも
「20歳未満での安全性及び有効性は確立されていない。」
と明記されています。
参考:https://www.hama1-cl.jp/pdf/propecia.pdf

 

未成年だけではなく、20代でも、病院によってはプロペシアの処方を渋ります。
その理由は、副作用もあるのですが、20代でプロペシアを飲んだ人の前髪が逆に無くなったという例が多い、という実態があるからです。
フィナで前髪なくなったスレまとめ

 

まとめを見てもらえばわかりますが、通いやすさで近所の皮膚科を選び、テキトーにプロペシアを飲んでいたら前髪が無くなったという事例が多数見られます。

 

本当はAGA治療って、近所の皮膚科みたいにプロペシアを出して終わりではありません。

 

本来、薬はオーダーメイドでもない限りこういうことがおきます。
AGAの処方だって本当は1種類のわけがありません。

 

中には患者にあわせてオーダーメイドの処方を用意しているクリニックもあります。

 

※オーダーメイド処方があるクリニックとは?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分でケアをして治していきたい人は?

20代の薄毛を改善したいと考えている方の中には、「出来れば、自分でケアをして、治していきたい」と考えている方もいると思います。

 

お金に余裕のない時期には、少しでも安くケアを続けることも大事ですしね。

 

そんな人におすすめなのは、男性ホルモンに対応した育毛剤です。

 

育毛剤なんてリアップ以外意味あるの?と思ってる方も多いと思いますが、実はリアップは成長力特化で、男性ホルモン系の成分は入ってないんですね。

 

AGAクリニックの薬も男性ホルモン抑制と成長力アップの2種類が出ます。
だから、いまは両方に対応した育毛剤に人気が集まっています。

 

特に、男性ホルモン抑制の方はいままでなかなか良い育毛剤がありませんでした。

 

というのも、原因となるホルモンに1型と2型があるのですが、1型を抑える成分(オウゴンエキス)のものばかりで、2型を抑える成分(ヒオウギエキス)がしっかり入っているものがなかったんですね。
両方入ってる育毛剤もあるのですが、それって1/2ずつですから濃度が薄いんです。
※この辺の詳しい解説はこのあとまとめてあります。

 

AGAに大事なヒオウギエキスを高濃度配合しているのがプランテルという育毛剤です。
高濃度なぶん、成分の種類が少ないので、一見しょぼく見えるのが欠点ですが、必要な成分だけ高濃度で入ってるほうが良いと思います。
≫男性ホルモンと成長力に対応した育毛剤はこちら

 

 

育毛剤は選び方が大事

副作用を避けたい人で、クリニックには行きたくない、自分でケアしたいという方に選ばれているのが、天然成分でプロペシアと似た働きをする、DHTを抑制する健康食品や医薬部外品のサプリメント・育毛剤です。
具体的には、育毛剤でいうと、M-034育毛剤、キャピキシル育毛剤というカテゴリーにDHTを抑制する育毛剤があります。
その成分はヒオウギエキス・オウゴンエキスというもので、頭皮に塗布することで、毛根まで浸透し、DHTを抑制します。

 

ヒオウギエキスやオウゴンエキス配合の育毛剤はいくつかありますが、そのなかでもDHTに強いといわれているのがプランテルです。
なぜプランテルがDHTに強いかというと、独自のA-DHTホルモン理論という考え方で男性ホルモンに対策するように作られているからです。

 

DHTの原因になる活性酵素5αリダクターゼには、1型と2型があります。
AGAに影響するのは2型のほうで、プロペシアが抑制するのも当然2型です。

 

でも、プロペシア以外で2型を抑制できるのは、実は「ヒオウギエキス」だけなんです。
オウゴンエキスは1型用なので、ほとんど意味がありません。

 

成分の種類の数でアピールする育毛剤はたくさんありますが、あえて種類を限定してヒオウギエキスの濃度にこだわったのが独自のA-DHTホルモン理論なんですね。

 

どれとは言いませんが、いくら成分の種類が多くても、ほとんどが1型用の成分だったりするので、、意味ないんですよ。。

 

≫ヒオウギエキス高濃度のプランテルはこちら

 

プランテルはM字専用の育毛剤として有名ですが、そもそもM字というのは頭頂部・つむじよりもDHTの影響を受けやすいです。
つむじならミノキシジルで押さえ込めてもM字はダメだったという方が多いのはこのためです。

 

そのことからも、DHTに強い自信がないとM字専用なんていうアピールはできないはずですね。